アンダオ魂

 

なぜアンダオを社名にしたのか



 

 「 それはかつて、こんな不思議な体験があったからです…」



『〜自分探しの旅に〜』 


私は映像制作の会社を精神的・肉体的な問題により30歳で退職した後、まぁよくある話なんですが、自分探しの旅に出ました。
 

オンエアーでは観ていなかったのですが、猿岩石大先輩の“ユーラシア大陸横断”の本を、退職してからブックオフで手に入れたお陰で、


「あぁ自分もこんな風に、溢れんばかりの生命力で、たくましくワイルドに陸路を旅してみたいなぁ!」


「あぁ(軽く騙されて)悔しい思いをしたり、その土地土地の女性と恋に落ち、『女は港さっ!』などと言いつつ去っていきたいなぁ。」などと思い、「よし、この期にオレも!」とアジア1人旅を決心しました。
 

20011019日 タイのバンコク行きの片道フライトチケットと33万円を持って、成田空港に向かいました。


最低1年間は帰国しない予定だったので、12ヶ月の海外保険に入りました。(ちなみに予防接種は57本打ちました。) 


20077月の今でこそ楽しく話せますが、当時は1年で帰国する事すら微妙な感じでした。ですが、とにかく1度帰国して、家族に将来の話をしに戻ってくる予定でいました。】 


当時、本当に日本で生きる事が、嫌で辛く苦しかったです


自殺は恐ろしくて考えた事はありませんが、常に「できる事なら事故にあって、あっけなく死にたい。」と思ってました。


特にひどい状態の時は、【日本沈没】を力強く願ってしまうくらい、ネガティブパワー全開でした。 


話を戻しますが、バンコクに着き、翌日の行く先も決めないまま、駅近くの安宿に泊まりました。(ちなみに日本で立てた予定では、住み込みでボランティア活動できる所を泊まりながら旅をしていく予定でした。) 


日本にいた時には、常に深刻な顔をしていて、「将来の死に場所探す」事をひとつの目標に脱出してきた私ですが、バンコクに着くや否や、「住めば都」の言葉通り、とてつもなく楽しくて、胸がワクワクして、頭はクラクラするほどでした。 


なぜか、バンコク→アユタヤ→バンコク→タオ島→ピピ島→バンコク…と観光&ダイビング三昧となり、毎日物凄く充実していて、エクスタシーも全開でした。 




011_small.jpg






       『〜貧乏旅行に計画変更〜』 



結局23日間いたタイを出る頃には、毎日そこら中を歩いていたり、泳いだりしていたお陰で、凄まじいほど元気になり、肌の色も黒くなり、どんどんエネルギッシュになっていきました。


しかし財布の中をふと見れば、スキューバダイビングや昼からのアルコール三昧で既に22万円しかない!? 計算するまでもなく、そんなお金の使い方だと、あと2ヶ月しか旅できない。 


なので、そこからは旅の仕方(生き方)を変更して、「一番安い宿の一番安い部屋、一番安い飯屋の一番安い飯。」と決めて、徹底的な貧乏旅行に計画変更しました。 


そしてお隣の国カンボジアに陸路で入り、また3週間ほど観光させて頂き、さらに楽しく・無邪気で、ワイルドになりました。(ちなみにこの国でも結局、ダイビングをしました。) 





 
20070829232138.jpg






お隣の国ベトナムに入る頃には、旅に出て6週間も経っていたので、“慣れ”からくる勘違いからか、非常につまらないバックパッカーとなってしまい、「どれだけ安く生活できるか。」「どれだけ安く移動できるか。」を優先して行動するようになってました。 


そしてベトナムでの最初の街ホーチミンシティ(サイゴン)に入った時、当時の人々の生命力(エネルギー)が破壊的に強かったので具合が悪くなってしまいました。





20070829232941.jpg






本当に人生で初めて、街の中心で、エネルギーの渦が巻いているのを感じました。(さすが魔都と呼ばれるだけあって…。) 


具合の悪くなった私は、サイゴンで最初にお世話になった安宿(ドミトリー)を出て、「オーナー夫妻がとても親切で・・・」と『地球の歩き方東南アジア200102版』に紹介されていた「アンダオ・ゲストハウス 」に移動しました。




 何で売り物をタダでくれるんだ? 



ここのオーナー(皆に“ボス”と呼ばれている)は、本当に気さくで親切でおおらかで、かみさんに頭の上がらない素敵なおっさんでした。


外見は、ちょいとハゲていて、おなかが出ていて、無精ヒゲで・・・と、とても安心できる雰囲気でした。 


ここサイゴンでは、ボスといろいろな事を話し、ボスが忙しくなると、ボスの代わりに子供たちの誰かが私の相手してくれて、どこかに遊びに連れて行ってくれるという素敵な毎日でした。 


そんなある日、「お前はいつも笑顔でウチら家族を楽しませてくれるから、今日の宿代はいらない。」と言ってくれたのです。そしてその夜は、ご馳走までしてくれました。 


そして翌日昼、初めて歩く通りで「おしん」という日本料理屋を見つけました。 


ここのお店の前で、ガラスケースに入っている料理のサンプル品を、生唾を飲みながらじっくり観ていると、


「いらっしゃい!! おーっ日本人かい? こりゃまたすっごい笑顔だね(笑) 最近日本食食べてる? 食べてないなら寄っていってよ。日本から取り寄せているものばかりだから美味しいよ!」 


バックパッカー(旅人)にとって、どうしても日本食は高く感じてしまう。


お金を使いたくなかった僕は、朝食も抜いていてお腹ペコペコだったにも関わらず、「いやー、屋台で今まさに昼飯食って来ちゃって・・・。明日にでも食べに来ますよ。おじさんにサイゴンの事聞きたいし。」


「屋台(の量)だったら、まだ食べれるでしょ。お金いいから、白米と味噌汁食べていきなよ!!」 


「うおおおおおーっ(絶叫) 本当ですか!? それじゃ、遠慮なく!!(超満面の笑み)」 


そして大将(店主)は、ご飯と味噌汁とおしんこのセットを定食用のお盆に乗せて、持ってきてくれました。


それを、1分ほどで全部食べ終わった僕を観て、笑いながら「おかわり持ってくるから、ちょっと待ってね!」と、再度ご飯と味噌汁とおしんこを持ってきてくれました。 


「(きっと飯食ってないの、バレてるな)」と思いながら、今度は2分位じっくりかけて、食べ終りました。物凄く美味しかったし、満腹になったし…と、幸せいっぱいになっていると大将が「君がとろけそうな笑顔でサンプルをみているから、もうおかしくなっちゃって、思わず声をかけちゃったよ…(笑)  


大将に何度もお礼を言い、「何でオレにこんな事までやってくれるのだろう?」「自分にできる恩返しってなんだろう?」と考えながら宿に向かいました。 


その日ずーっと考えていた事は、「アンダオの親父さんといい、おしんの親父さんといい『何で売り物をタダでくれるんだ?』という事。


一応の結論として、無理矢理まとめると「笑顔でいるといい事ある。」「この世には、売り物をタダでくれる奇特な方がいて、自分もそういう人間になる。」という事(!?)でした。 


それから10ヵ月間、相変わらず旅を続けていました。 


ただ、「常に(人が驚くほどの)笑顔でいる」「損得なくあげてしまうようなあり方でいる」という大きな違いを、強く意識していました。 


だから、最初の2ヶ月と違い、どこの国へ行っても「スマイル・マン」と呼ばれ、御食事にお呼ばれして、お家に泊めてもらえる僕となっていました。 


そして1年ちょっとの旅から戻ってきた時、自分でも本当に、「何が起きても大丈夫!」という根拠のない自信と安心感でいっぱいでした。


(それと共に、腹からくるエネルギーでいっぱいでした。そう、それは僕が一番欲しがっていた、「生命力」が爆発している状態でした。) 


そして、とにかくあの2人の親父さんや、その他の自分に与え続けてくれた人達に、恩返しできるような人間であろう。他の人にも与え続けられる人間であろう。感謝と笑顔で接しながら…。 


自分の生き方が一瞬にして変わった、「アンダオ・ゲストハウス」での、あの夜をいつまでも覚えているように。


そしてその2人の親父さんへの感謝と敬意を込め、みずから勝手にアンダオと、名乗る事にしました。(そしてそれがそのまま屋号となりました。) 

  


   『〜アンダオの名の元に〜』



私にとって、アンダオという名前は、「安心感」「笑顔」で溢れています。 


映像や音声・冊子で商材を作ることで独立して3年半、その事を忠実にただただ続けた結果、製作した作品(商品)は、 250を越えました。 


そしてありがたいことに、殆んどの法人様や先生方がリピートをして下さいます。 


しかも“教育”“医療”“心理”“法律”といった分野の、「安心感」に直接関わってくるメッセージ性の強い先生方が、何度も利用して下さいました。 


まだ丸3年ではございますが、このアンダオ魂の生き方・在り方のお陰だと確信しております。 


だからこそ、これからもアンダオの名の下に、 



「随分前から商品化を考えているのですが、うまくまとまらなくて…。」


「撮影(DVD製作)、収録(CD製作)、文字起し(冊子製作)それらをパッケージ販売!しかもオリジナリティある美しいデザインで!! だけど一体どれくらいの予算になるの?」


「商品化に際し、何が問題かうまく説明できない。」


「売りたい中身はきまっている。しかしどんな商品・手段にしたら良いか、わからない。」


といったお客様の漠然とした「不安」や「面倒」を解放し、「こんな感じで、できますよ!」とマップ(図)をお見せする事で、「安心」して頂き、「笑顔」になってもらうことで、貢献をしていきます。 


それが私のアンダオの名の元での恩返しと思っております。


長文にお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました。

 
スタジオ アンダオ代表 

高橋尚吾 
    

※スタジオ アンダオは
(株)東京映像制作の
旧会社名です。

 

20070829213841.jpg












右端が代表高橋で、隣がアンダオの御両親と娘アンダオ